こいぶみ。

先日、大好きなロシア料理店「サモワール」の移転10周年の食事会に行ってきました。

サモワールが渋谷から三宿に移転して10年・・・。

そんなにたったのかぁ・・・

 

まだ渋谷にあった頃、竹中直人さんに連れて行ってもらったのが最初です。

ちょうど、Club Asiaの前にあって、当時はツタの絡まる壁が印象的で何のお店だろう・・・と気にはなっていたものの、当時まだお子ちゃまだった私にはとても敷居が高く、入れない雰囲気だけど、気になるお店だったのです。

そこで、竹中さんと知り合ってまだ間もない頃、たまたま連れて行っていただいたのが、ずっと気になっていたツタの絡まる壁の大人の雰囲気のお店「サモワール」で、そこから私とサモワールとのお付き合いがスタートしました。

 

そんなこんなで、やっぱりこの記念すべきお祝いはチーム竹中直人で。

(横に写っているのは、高木完ちゃん。)

f:id:hynm_fuki:20170915220245j:plain

前菜からはじまり。

そして、絶品のピロシキ!!

(奥に写っているおにぎりみたいなやつ)

サモにきたら、ピロシキ食べないわけにはいきません。

f:id:hynm_fuki:20170915205018j:plain

メインは好きなものを選んでいいとの事だったので、迷いに迷って、頼んだことのないステーキにしてみました!

美味しい!!!

https://www.instagram.com/p/BZHF7JKAwdt/

そしたら、みんなもそうだって言ってて、その日のステーキ人口は多かったです。笑

 

ここにきたらいつも思うんですけど、日本の洋食店の「洋食」って、実はロシア料理からきているんじゃないかと思うんですよね。

デミグラスソースなハンバーグとか、キエフ風チキンカツレツ(チーズイン!)タンシチューとか...。

洋食店にあるメニューの原点としか思えないメニューばかりだもの。

 

そんなサモワールも、もうすぐ創業は70年だそうです。

70年って凄い歴史ですよね・・・。

最初のサモワールは渋谷の恋文横町と言われていた、今はなき横町(109があるあたり)にあったそうで、そんな戦後から続いている老舗中の老舗はそうそうないですよね。

当時の写真を眺めてみると、ガヤガヤカチャカチャと活気のある音が聞こえてくるようで、なんだかとってもロマンチックな気分になります。

 

いつまでもいつまでも続いて欲しいなぁ・・・。