読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グッバイマイラブ。

本日、長年連れ添った彼と、お別れをしました。

実家に帰りたいって言うんでね。

彼が。

 

ま、エレキギターなんですけどね。

彼と言っても。笑

https://instagram.com/p/6MufrZNf4A/

ずいぶん長い間、半永久的に貸すよと言っていただき、お借りしてたんです。

相対性理論の永井聖一くんに。

いやぁ、本当にいいギターでした。

fenderのstratocasterというギターなんですけどね。

このギターで1曲レコーディングもできたし、いい思い出でございます。

ありがたき幸せ。

自分でね、買えよって話なんですけど。笑

自分で買うファーストギターは、いろいろ手にとって、吟味したいものです。

 

じゃあ、自分で買うとなると、女子が持つには、実際どれがいいのか永井君に聞いてみました。

ちなみに私の身長が164センチなのですが、女の子は、よくネックは短い方が演奏しやすいと聞きます。

私の身長くらいだと、ストラトでも押さえられるのですが、確かに短いネックのギターを誰かに弾かせてもらった時は弾きやすかった。

 

短いネックで有名なのは、フェンダーのMUSTANGらしいです。

 特に、ブランドにこだわらないのであれば、FENDERから出ているちょっと廉価版のSquierなら、ムスタングのヴィンテージでも手頃な価格で手にはいるんですと。

薄いブルー、可愛いです。

チョコミントみたいで。

 さらに、music masterというシリーズになると、同じような形でもっとシンプル。

ピックアップの数が少なくなり、アームがなくなるそうです。

私的にはこの色とデザイン、ツボだな〜。

 この色も可愛い。

ちなみに、ストラトを弾いてて、もうちょっとこうだったらいいな、というのがあるか聞かれたので、

「正直、若干、重い・・・」

と言ったところ、私が借りていた60年代のレプリカのストラトは、それ以降のものより軽いらしく、これでも軽いほうなんだよ、と。

そこで、新たに出てきたのが、Thinline。

中が空洞になっているので、軽いらしい。

大元の形はテレキャスなのかね。

 ちなみに、Squier by Fenderでも出てる。

 で、そもそもFenderじゃなきゃいけないことはないよね、となり。

そこで、muupeasっぽさなんかも考慮してもらい、おすすめされ、グッときたのが、

Danelectroさん。

この、モチャっとした感じ。

なーんかとっても好きです。

 

 

こうやって見ると、ギターってレトロな車みたいですよね。

うーん、迷うな。

 

ちなみに、muupeas、8月25日に東京でライブ予定です。

また詳細はお知らせしますね。