珍道中 - 列車の変- 。

戻りました。

TOKYO。

もっとドイツでいろいろと書こうと思ってたのだけど、んま〜、毎日ヘトヘトで。

少しずつでも書きゃいいんだろうけど、書けないのよね〜。

 

さてはて。

フランクフルトに着いてからは、まずは、バーデンバーデンという温泉で有名な町に行きました。

電車を乗り継ぎ、ゆらゆられ、まぁ、結局、飛行機と合わせたら、丸一日かかって移動したようなもんです。

 

まず、フランクフルトの空港がも〜そりゃ〜ややこしくて!

長距離列車の駅になかなかたどり着かない。

そして、エレベーターが小さすぎたり、なんだのかんだのあって、荷物持ちながらの移動は正直、辛かったです。。。

でもって、ガイドブックには、駅の上がショッピングセンターになってるとか書いてあったそうなんだけど、どこが!?どこにショッピングセンターがあるの!?

って感じですた。

目的地に着いてもないのに、もう買い物かよ!?って感じでしょうが、んま〜、想像してたよりも

寒いわけですよ!!

そして、雨!!

寒かったら重ね着したらいいわと思って、夏服ばっかりもって行っていたのですが、想像以上に寒いわけですよ、すでにフランクフルトが。

しかも、バーデンバーデンの近くの田舎町イフェッツハイムという場所にある競馬場での野外コンサートに行く予定で、ホテルもその会場からすぐの場所ということもあり、何もなかったら、「凍死してしまう!!」という恐怖感から、躍起になってショッピングセンターを探したわけなのです。。。

 

結局、見つからず、不安に思いながらも、ホームの車両の停まる位置を調べるマップのようなものを見て、その位置へ移動。

オンタイムに列車が入ってきたのですが、

 

ホームの車両の位置が全然違うやーん!!

 

カートも元に戻してしまったので、とりあえず、トランクと荷物を引きずって走る!!

やっとのことで、ICEという新幹線のような列車に乗りました。

 

実は、バーデンバーデンに行くのは約25年ぶりだったのですが、その時は車でドイツ周遊の旅だったので、列車は初めて。

と、思っていたら、「あんた、何言ってんのよ、列車も一応、乗ったわよ。」と母に言われました。が、覚えてないから、初めてということで。笑

 

それにしても、車窓から見る風景は、まさに世界の車窓から

美しい。

https://instagram.com/p/4GuxnYtf42/

工場地帯すら可愛く見えました。

 

しかしながら、乗っているうちに心配になってきたのは、乗り換えのことです。

なんてったって、乗り換えの時間が予定だと12分しかないのに、降りてからホームを探さなくてはならないのですよ!!

 

時刻は刻々と迫り、到着予定時刻を過ぎています・・・。

一向に着きません。

信号で止まったりします。

ドキドキしながら今か今かと駅に着くのをドアの近辺で待つこと、ついに到着。8分遅れ。

よ・・・4分で乗り換え!?んなアホな。

 

列車を降りてみたら、エレベーターなんかありません。

ホームが14個もあります。

でもホームを知らせる電光掲示板みたいなものもないし、どうやってホーム調べて荷物運んで階段上り下りするねーん!!

しかし、悩んでいる暇はない!!

とのことで、とにかく階段を荷物をもって降りる。

そして、みんなが走っていく方向について、ホームの数字の大きい方に、必死で荷物を引きずりながら、ホームの見える場所まで階段を上がり、一つ一つ調べていく。

最後の一つまで来て・・・ナイ!!!

じゃあ、降りて反対側の数字の小さい方だ!!!!

っつって、暗いトンネルみたいな渡り廊下を、荷物を引きずりながらダッシュ。

もう、とうに4分なんて、越えてます・・・。

 

半泣き状態で、ホームを探し当て、おっもいトランクをホームに運びいれてみると、おや、もう10分も過ぎているのに、まだ列車はきていない様子。

 

しかし、20分待っても来ない・・・。

やっぱり先に出たのかな?

でも、電光掲示板にはその電車の車号が書いてあるし・・・。

おかしいおかしいと言いながら、ウロウロして、電光掲示板に近づくと、上の方に小さく、「35分の遅れ予定」と書いてある。

 

え〜〜〜〜!!あんだけ走ったのに!!

でもよかった。乗れる。

そして、安心してウロウロしていたら、ホーム番号が書かれた時刻表のようなポスターを見つけました。

ドイツでは、毎回ホームが決まってるんだね。

ほ〜へ〜と、その時刻表を見たりしていたら、母が遠くで、

 

「きゃ〜〜〜〜〜!」

と、言ってホームの線路の方に指をさしている。

その指先を見ると、母のトランクが勝手にコロコロと、線路に向かって走って行くではないか!!

 

私も一緒になって、

「ぎょえ〜〜〜〜〜っ」

 

と叫びながら、トランクの車輪が1つ、ホームからはみ出るところを、ただ、呆然と見つめていることしかできなかった・・・

 

のに、なんと!!!

 

ホームから落ちる寸前のところで、多分、トランクの車輪が1個ホームから落ちることにより、バランスが不安定になり、本当に、嘘だとおもうだろうけど、オットットって感じで、トランクが横にパタンと、ホームと並行にホームの上に倒れてくれて、助かったのです。

 

ほぼ誰もいないホームだったので、「日本人、トランクを線路に落とし、それを担ぎ上げてる間に列車にはねられて死亡・・・」というニュースが、あわや流れるところだったですよ。

ほんとよかった。

 

そうこうしてると、雨足がどんどんと強まってきて。

ヨーロッパでは見たことのないくらいの集中豪雨。

やっぱ世界的に変なのかな???

 

結果、45分遅れくらいで列車がきて、無事、乗り換え完了。

バーデンバーデン駅に着いたはいいものの、エレベーターの位置がめちゃめちゃ遠い!!

で、メインゲートがどこだかわからん!!

タクシー乗り場、どこにあるねん!?

と、母を残し、雨の中、走り回り、やっとタクシー乗り場を見つけた!!

濡れないように乗れそうな出口を探し、やっとの思いで、そのアーケードをくぐっていくと、「一番前のタクシーに乗れ」と言われる・・・。

前方をみたら、はるか遠く。しかもそこまで屋根はナシ。

そりゃないっすよ・・・

頑張って、濡れない方法探って、荷物運んだのに・・・

仕方なく、雨の中、濡れ鼠になりながら、一番前のタクシーのところへ。

そして、イフェッツハイムへ。15~20分くらいの距離でした。

 

泊まったホテルはコレ。

Hotel de Charme ZUM SCHIFF。

かわいいの!!

f:id:hynm_fuki:20150619173928j:plain

外観。

 

https://instagram.com/p/4Gwd_NNf7F/

中庭。

 

https://instagram.com/p/4GwzrItf7Z/

中庭から見たホテルの入り口。

https://instagram.com/p/4O_AAstf1K/

ホテルのお部屋。

 

とにかくズブ濡れになって、かなり冷えたので、ホテルに着いたら、すぐに、着替えて、バーデンバーデンに温泉につかりにいきました。

すんごい気持ちよかったのだけど

明日もまた行きたい!!と思ったのだけど・・・

 

これまた大変なことがありまして・・・。笑

 

長くなるから、続きはまた今度。笑

 

つか、この時間。

時差ボケ、今きたな・・・。