これから、どこへいくのだろう。

恐ろしいもので、本日、特定秘密保護法が施行されます。

もうね、やりたい放題ですね。。。

日本国民の「表現の自由」とその「知る権利」はどこにいくんでしょう?

民主主義の民主って国民じゃなかったっけ?

政治家なのか?と。

 

このニュース、友達からFBで回ってきたんですが、ヤバくないですか・・・?(笑)

鎖国か!


海外経験は漏えいリスク 秘密保護法で内調 - スマホ版 - 47NEWS(よんななニュース)

なんか、怖いわ。

この偏ったものの見方がすごすぎて・・・。

 

なんだか愛国心のあり方が別の方向にいっている気がするのですが・・・。

本当に日本という国に生まれてよかった、いて良かったと思える事、より良い社会にしよう、より良い国にしよう!という気持ちが愛国心なんじゃないかと。

お国のために!と、国という器ばかり大事にして、中にいる国民が大事にされなくなると、本末転倒だとおもうのです。

お国の経済のためと言われて私たち真面目な日本人は生活を切り詰めて、消費税増税。それによって生産者にツケが回ったり。残業代がなくなったり、正規雇用が減ることで、実質の収入が減ったり、仕事を簡単に解雇されたり。おまけに軽自動車税増税になり、配偶者控除の廃止まで検討ときた。

なのに、国会議員の給与は20%もアップ。月額25万UPとのこと。

前も書いたと思うけど。

20%で25万てことは、どんだけもらってんのかということですね。

確かに、大変なお仕事でしょう。国会中に疲れて寝ちゃうくらいですから。

でもさ、考えてみてよ。

私たち、そんなに簡単にある日突然、給料25万もあがる?

サラリーマンだったら、どれだけ昇進しなきゃなんないのさ?

本当は誰の為に増税されてるのかな?って気になるわけです。

消費税あがって、本当に経済まわってる?いろんなものが増税以降、値上がりしているようにしか見えないし。でも、それは私たちの所得があがっているからとも思えないんですよね。。。

「消費税あげないと経済まわらないから仕方ないんじゃない?」という友達の声を聞いて、ちょっと怖くなってしまった。

何故なら、その友達は今、国会議員の収入の増額分の収入すらないことを私は知っているのだけれど、それなのに、消費税の増税を「仕方がない」と思える真面目さ。

きっと日本人特有の真面目さなんじゃないかとおもうのです。

もっと困っている人がいるだろうから、受け入れます、わがまま言いません的な。

 

特定秘密保護法の話にしてもそう。

くさいものには蓋をしてOK!

私にだって、僕にだって、秘密にしておきたいことあるし。

仕方ないよね?

的なことなのだろうか。

これに関しては、事なかれ主義的な?

 

でも、政治において、気づいたらこうなってました・・・ってことが最近のパターンになってませんか?(私は素直じゃないからそうは思ってないけど)

そのときに声をあげてももう遅い。

物事がすごい勢いで動き出していても、その中にいたら、立ち止まって考えなければ、それに気づかないことって多いですよね。

正直、わたしはプライベートでは自分のこと、特に「好意」となると、全く気付かないタイプです。

ずいぶん後から思い返せば、確かにそうだった!

となるタイプです。自分のことにたいしては自信がないからさ。

人の事になるととても敏感なのに。

 

友達が言いました。

人に怒りをぶつけられない。全て自分に向けてしまう。

人を怒る事も嫌だし、怒られることも嫌だと。

 

たしかに向き合うってすごく体力がいる。

でも、それは1つの愛情表現ではなかろうかと。

 

自分を責めたほうが、自分のせいにしてしまった方が楽なときもある。

何を言っても無駄だと諦めることもある。

必ず時間が解決して、そうして忘れてしまうほうが、ぶつかるよりも楽だから。

 

でも、ときどき私はおもうのです。

その怒りは自分に向けられているようで、実は、相手を蔑んでいることになるのではないかと。自分が一番大事でしかないのではないかと・・・。

もちろん、暴力や人を故意に傷つける行為は好みませんし、よくない事だと思います。

でも、真っ向からぶつかり合うということは

魂と魂のぶつかり合いは、最高の愛情のような気がする。

 

面倒なことを、努力したり、言葉にならなくても一生懸命伝えたり、とにかく、相手のことを心から思って何かをするということは、とても素晴らしいことで。

 

なんだか、ふわっとしか書けなかったけど、ふわっとそう思ったということです。