読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そのまま。

ずいぶんとまぁ、ご無沙汰しておりました。

気づいたら一ヶ月経っていた。

一ヶ月、何やってたのかといいますと、たいしたことをしていません。

 

あ。

だいじなお知らせを皆さんにしそびれておりました。

 

http://instagram.com/p/nDnULPNfyi/

東京都内をMCMのバスが走っていたので、ご覧になられた方はご存知かもしれませんが、4月25日に、ドイツ ミュンヘン発のブランド MCMの日本初の旗艦店がOPENいたしました。

なんと、銀座中央通りに。

f:id:hynm_fuki:20130121094749j:plain

MCM GINZA HAUS 1
〒140-0061 東京都中央区銀座3-5-4 十字屋ビル1F
tel.03-5524-7177
営業時間:12:00〜20:00

 

日本限定のアイテム、MCM GINZA HAUS限定アイテムなんかもございます。

ぜひ、皆さん、ご来店くださいね。

 

 

ところで、ゴールデンウィークも去った頃、LOOM NIPPONという社団法人主催の南三陸町桜の植樹祭に行きました。

東日本大震災被災地に行ったのは、実は初めて。

The Maskzで、脱原発の運動をしていることもあり、無関心だったわけではありません。

どちらかというと、自分がそこに行く事の意味を考えすぎて、なかなか行けなかったのは正直なところ。

http://instagram.com/p/n1nbqWNf0M/

新幹線の「くりこま高原」駅を降りるとそこにはとてものどかな美しい風景が広がっていました。

どこまでも大きな空。

空の方がおおきい。

 

http://instagram.com/p/n2KCj6tf46/

ここに町があったとは想像しがたい。美しい平原のようなのに。まだなにもない町。#南三陸町

ひたすら海の方に車を走らせていると、とつぜん何もない風景が現れるのにはショックでした。

このLOOM NIPPONの桜の植樹祭の主旨は、南三陸町を桜の名所にしましょうということ。

ただ、お話をうかがうと、450本以上の桜の木が寄付されているのだけれど、まだ、殆どが植えれていないとのこと。

流されてしまった町があったところにそのまま植えるわけにはいかず、まずは土地の標高をあげるなどせねばならないことがあるなど、復興が進んでおらず、まだ、桜を植えれる場所が十分にないんだそうです。

 

 

そんな中、

国会議員のお給料が5月から月額26万円引上げ

なんという、すごいニュースが舞い込んできてましたよね。

官僚たちが被災地とは関係のない天下り先への補助金や庁舎の補修、無駄な公共事業などへ、復興予算を2兆円を超える流用をしたこともあり、復興予算が全く足りないといわれている中、このニュース。

復興は遅々として進んでいないにもかかわらず、政府が算出した復興予算19兆円は2年あまりで底を尽き、新たに6兆円の国民負担を積み増ししているとのこと。

勿論、この負担を強いられている人たちは「国民」なので、被災者も当然含まれてしまっているわけです。

 

ほんと、なんだかな〜〜〜

っておもう。